空から墜ちてきたブルース

Playing For Change「Redemption Song」
〈RICOH GR〉



1970年、大阪で万博が開催されたその年にぼくは生まれた。


ぼくの両親は姉と兄を連れて万博に行ったのだが、ぼくはまだ母のお腹の中にいた。




先日、両親とぼくの家族とで万博公園へ遊びに行った。


両親が万博公園に来たのは万博開催以来だとか。


実に44年振りってことだな。


その間「太陽の塔」はずっとここに居たわけだ。




公園ではサッカーボールや遊具、砂場で一通り遊んだ。


帰り際、ぼくは息子と手をつないで歩いていた。


万博公園のグッズショップを通り過ぎようとすると、


 奴はぼくの手を振りほどいて、一目散にショップに入っていった。


店内で「太陽の塔」の置物を見つけると、そいつを手に取り、すかさずレジの前に駆けつけ


「これ買います!」と叫んだ。


あっけに取られたぼくの母はその勢いに負け、奴は「太陽の塔」を瞬時にゲットしたのだった。


普段はダラダラしているくせに、こういうことになると とびきり仕事が早いんだ。


誰に似たんだろ?




ところで、実を言うとぼくも欲しかったんだ、「太陽の塔」の置物。


血は争えないな。










〈RICOH GR〉



Music - Reggae comments(2) -
| 1/1 |