空から墜ちてきたブルース

Mississippi Fred McDowell - You Gotta Move

〈RICOH GR III + Photoshop CC〉



 

降ったり止んだり微妙な天気の週末。

 

ディープなブルースを聴きながら、今日は何しようかと考えつつ、

 

時間だけが過ぎて行く。

 



 

 

 

Music - Blues comments(4) -
Taj Mahal - Fishin' Blues

RICOH GR + Photoshop CC


 

 

小学生の頃、オイカワを釣るのが好きで、夏休みになると毎日のように早起きして近所の川に釣りに出かけていた。

 

赤虫や練り餌を使って、多い時は100匹くらい釣れていた気がする。

 

難しい釣りじゃないので、誰がやっても釣れるんだけどね。

 

父親が釣り好きで、時折海に連れて行ってもらい、一緒に釣りをすることもあった。

 

なぜか中学生になると釣りは全くしなくなってしまったんだけど、数年前に父親が亡くなった時、

 

使われなくなった釣竿を何本かもらい受け、ファミリーフィッシング的な釣りを時々するようになった。

 

実に30年以上のブランクを経て、ゆるーく釣りを再開したわけだ。

 

 


去年の春に、ルアーでチヌ(黒鯛)・キビレを狙うチニングという釣りにハマり、

 

それ以降、趣味の中心が釣りになった。

 

釣りは面白い。

 

もっと早くそれに気付いていれば良かったと、悔やんでしまうくらい面白い。

 

 

 

今日はクランクベイトと呼ばれるルアーでハゼを狙う、ハゼクラという釣りをした。

 

これもまた面白い釣りで、ぼくみたいなルアーフィッシング初心者でも、調子が良ければ数釣りが楽しめる。

 

水が澄んでいれば、ルアーを追いかけてくる様子が見れて、それがめちゃくちゃ楽しい。

 

ルアーに食いつく手前で見切られてしまうことも多く、ついムキになって何度もルアーを投げたくなってしまう。

 

ハゼクラをしている時のぼくの精神年齢は、殆ど小学生レベルなんじゃないかな...。

 

因みに、ハゼがルアーに食いつくのは、食べようとしているのではなく、縄張り意識か何かで威嚇する為みたい。

 

 

 

食べても美味しい魚らしいんだけど、ぼくはまだ食べたことがない。

 

またいつか、沢山釣って、天ぷらや唐揚げにして食べてみたい。

 

餌で釣るハゼ釣りも面白いけど、クランクベイトで釣りハゼクラも面白いので、

 

興味がある人は是非ともこの世界に足を踏み入れて欲しいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Music - Blues comments(3) -
Colin Linden & Luther Dickinson - Careless Love (feat. Rachael Davis)

FUJIFILM X-Pro2 + XF35mmF1.4 R + Photoshop CC


 

 

このブログにコメントをして貰えるとメールが届くように設定しているんだけど、

 

不具合なのか時々メールが届かなくて、コメントを貰ったことに気付かないことがある。

 

随分後になって気付くこともあるけど、もしかしたら気付かないままになっていることもあるかも。

 

ぼくからの返事が無くても、決して無視しているわけではないので、許してね。

 

 

 

 

 

 

Music - Blues comments(6) -
Dinah Washington - Careless Love

FUJIFILM X-Pro2 + XF60mmF2.4 R Macro


 

 

carelessとは

【主な意味】
不注意な、軽率な、そそっかしい、うかつで、ぞんざいな、いいかげんな、不注意でした、のん気な

 

 

 

carelessを付けなくても、愛の始まりはcarelessであることが多い。


だから、すぐに冷めてしまうこともしばしば。

 

時には辛い思いをするかもしれない。


でも考え方を変えれば、carelessであるお陰で、色んなもの・色んな人を愛するチャンスがあるということだ。


それは神様がぼくらに与えてくれた素晴らしい習性なのかも。


少しくらい痛い目にあっても水に流してしまえ。

 

 

 

 

 

 

Music - Blues comments(2) -
Chuck Berry & Johnnie Johnson - Mean Old World

FUJIFILM X-Pro2 + XF60mmF2.4 R Macro


 

 

久し振りに『Hail! Hail! Rock 'n' Roll』。

 

ジョニー・ジョンソンのピアノに釘付け。

 

 

 

 

 

 

Music - Blues comments(4) -
Etta Baker with Taj Mahal - Railroad Bill

FUJIFILM X-Pro2 + XF16-80mmF4 R OIS WR + Photoshop CC


 

 

小学生の頃、ほんの少しの期間だけ、切手収集をしていたことがある。

 

今朝、クローゼットに押し込んでいる段ボールを漁って探し物をしていたら、

 

その当時集めていた切手を入れていたストックブックが出てきた。

 

今はもう切手を集めている人はかなり少ないと思うけど、小さな面積の中に一つの世界観があって

 

今あらためて見てみると、可愛かったり、綺麗だったり、切手って良いなぁと思う。

 

「最近は、どんな記念切手が売られているのかな?」って思って調べてみると、

 

5月に発売されるドラえもんの切手なんか結構可愛い。

 

何故か渡辺美里の切手なんかもあったりして。

 





 

 

Music - Blues comments(8) -
Paul Butterfield & John Sebastian - Amazing Grace

FUJIFILM X-Pro2 + XF16-80mmF4 R OIS WR + Photoshop CC


 

 

知らないことやら、出来ないことやら、欲しいものやら、聴きたい音楽やらが多すぎて、この人生一回きりじゃ全然足りないかも。

 

死んだら、またどこかで元気に生まれてきたい。

 





 

 

Music - Blues comments(0) -
Sippie Wallace - Suitcase Blues

FUJIFILM X-Pro2 + XF35mmF1.4 R


 

 

今夜飲んだ最後の一杯は、密造酒を模して作られたウイスキー「Georgia Moon」。

 

いつも飲んでいるお酒じゃなくて、多分今日飲んだのは2回目だったかな。

 

大体外飲みの後半は酔っ払っているので、記憶が曖昧だ。

 

このお酒を飲み終わる頃にかかっていたBGMはSippie WallaceのLP盤『Sippie』。

 

まったりとブルースを聴きながら、密造酒的なお酒を飲むのもええもんやね。

 

今年は釣りにはまったこともあって、外飲みの機会が随分減ってしまったけど、

 

来年は、今年以上に釣りに行って、なおかつ外でもいっぱいお酒を飲めるようにしたい。

 

釣りも沢山したいし、外でお酒も沢山飲みたいんだ。

 

人に迷惑をかけない程度の欲望は枯れない方が良い。

 

 

 

 

 

 

Music - Blues comments(0) -
Elmore James - Can't Stop Loving

FUJIFILM X-Pro2 + XF35mmF1.4 R + Photoshop CC


 

 

最近、めっきり雑誌を買う機会が減ってしまったけど、

 

エルモア・ジェイムズの特集に我慢できず、久し振りに『ブルース&ソウル・レコーズ』を買った。

 

付録『The Resurrection Of Elmore James』の復刻版CDを聴きながら、

 

強烈なスライド・ギターと、そのギターにも負けないヴォーカルに酔いしれよう。

 

エルモアのブルースは初めて聴いた時からずっと変わらず刺激的だ。

 

 

 

 

 

 

Music - Blues comments(0) -
Albert King - Born Under A Bad Sign

FUJIFILM X-E3 + XF35mmF1.4 R +Photoshop CC


 

 

明日を乗り切って、良い週末を過ごそう。

 

 

 

 

 

 

Music - Blues comments(0) -
| 1/10 | >>