空から墜ちてきたブルース

The Rolling Stones - Sleep Tonight

FUJIFILM Pro2 + XF35mmF1.4 R + Photoshop CC


 

 

ぼくが初めて聴いたローリング・ストーンズのアルバムは『Dirty Work』だった。

 

このアルバムはミックとキースが仲違いしていた頃のレコーディングで、キースが中心になって作られたと言われている。

 

それと関係しているのか、アニー・リーボヴィッツが撮影したジャケット写真では、キースがど真ん中に座っている。

 

数あるストーンズのアルバムの中で、もしかするとあまり人気がないアルバムなのかもしれないけれど、

 

このアルバムがきっかけで、ぼくの音楽的嗜好はストーンズ、

 

そしてストーンズに影響を与えたルーツミュージックに塗り替えられてしまったので、個人的な思い入れが強い一枚だ。

 

学校が嫌いで、やる気のない高校生だったぼくは、毎朝このアルバムに収録されている

 

「One Hit」や「Fight」「Harlem Shuffle」を聴いて元気をチャージしてから、学校へ登校していたんだ。

 

そんなアルバムのラストを飾る、キースが歌うバラード「Sleep Tonight」。

 

10代の頃からずっと聴き続けているけど、いつ聴いても素晴らしい。

 

こんな曲を聴きながら眠りにつくと、良い夢が見れそうだ。

 

 

 

 

 

 

「Sleep Tonight」の後は、イアン・スチュワートのブギウギピアノが聴こえてこないと寂しい。

 

 

 

 

 

Music - Rolling Stones comments(0) -
<< | 3/729 | >>